家族での思い出

歴史好き、ということもあり日光や京都、奈良などに興味を強くもっている私は、小学生の頃から長期休暇にはいろんなところに連れて行ってもらっていました。そんな私が高校生になって連れていってもらったのが日光でした。

有名な日光東照宮、三猿、鳴き竜など有名なスポットがたくさんあります。私としては家康の墓がある!というのが1番のワクワクポイントでした。もちろん、眠り猫とかもワクワクしましたが1番はやはり家康の墓!そこに家康が眠っているという事実に興奮しました。

ですが、私が行ったのはGW。人、人、人…。

駐車場もごはんどころも、どこに行っても混んでいました。記念写真を撮ろうにも人がいなくならないから人を撮っているのか建物を撮っているのかわからなくなる次第…。お守りを買うにも御朱印をもらうにも、とんでもない列があり少々気が滅入ってしまったり。私の父は足が悪く、また短気で疲れやすいのでそんな状況にとてもイライラ。満足に歩けない、休めるところはいついっても人で溢れかえっている…となれば確かにイライラしてもしょうがないのですがせっかくの旅行だったのに少し残念でした。

また、私達は自家用車で日光まで行きましたが車を停められる場所がなくて大変でした。どこに行っても満車で入れず…。これは日光に限ったことではないと思います。ディズニーランドでも混んでる時は車が入れないでしょうし、京都なんかは、もっと車を停めるのが大変だった印象があります。だから車って便利なようで不便なところも多いんですよね。行く時は電車やバスの公共交通機関を使ったほうがいいと思います。

でも、そんな不具合な点も吹き飛ばしてくれるほど、日光は楽しかったです。豪華絢爛な建築物の数々。改修工事の間しか公開されない絵など、この家族旅行から何度か日光には行きましたが何度行っても、新しい発見の連続で飽きることはないと思います。

またお守りや御朱印は日光のを持っているとなんだかとても心強い気持ちになります。自分自身も、自然豊かな場所で心まで浄化されたようにとてもスッキリします。

1つ後悔していることがあるとすれば、もっと写真を撮ればよかったということ。家族としての思い出もそうですが、その季節、その時にしか見られない景色も多くあります。二度と見ることができないかもしれません。写真を撮ることばかりに夢中になるのもどうかとは思いますが思い出を残すためにも、写真は多いほうがあとで見返しても楽しくなると思います。